自分に合った求人探しの方法|情報収集技術の向上

働くことでコミュニケーション能力が身につく

システムを知る

努力や工夫して行う戦略を生かせる職業

タクシードライバーの給料システムをご存知ですか。 タクシードライバーの中には、年収1000万円もらっている方もいれば、年収300万円にも満たない方もいます。 その方たちの違いはどこにあるのでしょう。 タクシードライバーの給料システムは「低い固定給と歩合制」の成果主義が強い給料システムになっています。ですので、ベテランだろうが若い方であろうが、頑張り次第で年収が変わってきます。 では稼いでいる方と稼ぐことのできていない方の違いはどこにあるのでしょう。 それはお客様の心理と行動パターンを理解し、それを戦略として仕事に生かしている方は稼ぐことができていると思います。 例えば深夜バスの到着時間と到着場所を調べて近くで待機しているとか、歌舞伎座などの芝居の終わる時間を把握し、高齢者やお金を持っているお客様をターゲットに狙ったりすることです。 戦略と一言でいっても、要はお客様を獲得するために考え、工夫し仕事に生かしている方が稼いでいます。 求人情報をみて、タクシードライバーを目指す方もいると思いますが、そういう考えや色々工夫をし仕事に生かすことがもっとも大切であると思うのでぜひ参考にしてください。

タクシー会社の職場環境を良くする取り組み

タクシードライバーの募集を求人情報誌やインターネットでの求人情報をみて、なりたいと思っている方もいると思います。 タクシー業界は近年積極的に障害者の方の求人や採用に取り組んでいます。 実際タクシードライバーの仕事は、日勤だけではなく深夜の勤務もあり、日夜関係なくお客様の要望に的確に応えなければならないため、体力的にも精神的にも強くなければできない仕事です。そのため離職率も高く、常に人手不足に悩まされています。 そんな過酷な環境でも約10年勤続年数を重ねている障害をもった方がいます。また、タクシードライバーでも人工透析をしながら働いている方や上肢に障害があり義手を使って働いている方もいます。 このような障害をもった方が長く働けるには、周りとのコミュニケーションがしっかり取れていることと個々の事情に合わせた勤務シフトがしっかりできているところにあると思います。 周りが協力して職場環境を良いものにし、お互い働きやすい環境をつくるそういった企業努力が本当に大切だと思います。

Copyright© 2015 自分に合った求人探しの方法|情報収集技術の向上 All Rights Reserved.